天皇杯

天皇杯(サッカー)の放送はあるの?特徴やルールを含めて解説!

Suu
Suu

こんにちは!現役時代、全国大会入賞歴のある編集長のsuuです!

日本サッカーの3大タイトルのひとつ、天皇杯。今回はその特徴についてご紹介していきます。

Tatsu
Tatsu

天皇杯の魅力について解説しています!

天皇杯とは

昨年の甲府に続くJ2以下によるジャイアントキリングに期待

天皇杯とは、日本サッカー協会(JFA)が主催するカップ戦で、J1リーグ、ルヴァンカップと並び日本3大タイトルの一つとされています。1921年に第一回大会が開催されている古い歴史の大会です。日本サッカー協会に登録されているプロクラブ、実業団、大学、専門学校等のチームが参加します。

前年度のJ1リーグに所属していたチームはシード権があり、ACL出場チームは4回戦から、それ以外のチームは2回戦から登場します。全試合一発勝負のトーナメント方式で行われるため、J1のチームが3つカテゴリ下のJFL(ジャパンフットボールリーグ)所属のチームや大学チームに敗れるなど、下部リーグのチームが番狂わせを起こすこともしばしば見られます。

2011年にはFC東京と京都サンガによるJ2同士の決勝が行われ、2022年はJ2ヴァンフォーレ甲府がJ1サンフレッチェ広島を下して優勝するなど、近年でも多くのサプライズを見せています。J1のチームがリーグ戦を最重要視している一方で、下部リーグのチームは国内最高峰のJ1チームに一泡吹かせようと、高いモチベーションで臨んでくることがその要因と言えるでしょう。

過去にはイングランドプレミアリーグで活躍する三笘薫選手が筑波大学在籍時代にJ1ベガルタ仙台と対戦し、50メートルの距離をドリブルで駆け抜けゴールを決め、試合に勝利するというジャイアントキリングを起こしたこともありました。

通算の優勝回数は浦和レッズの8回が最多で、それに並ぶのが慶応大学卒業生を中心にチームを構成する慶応BRB、そして横浜Fマリノスと関西学院大学の7回が続きます。なお、優勝チームはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)、およびFUJIFILM SUPER CUP(富士フイルム スーパーカップ)への出場権を獲得します。

天皇杯の放送は?

天皇杯の放送は50年以上NHKがしていることもあり、今後もその傾向は変わらない見込みです。

いかがでしたか?

今回は天皇杯についてご紹介しました。100年以上の歴史ある天皇杯。今後も注目したいカップ戦のひとつですね。